読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がセンター英語の点数を60点上げられた理由《文法編》

みなさん。こんにちは。
タイトルにもあるとおり、私が一年でセンター英語の点数を60点上げた勉強法や意識の持ち方などを教えていきたいなと思います。


私は現役時代の時のセンター試験で大失敗(そもそも勉強していない)してしまい、英語は120点しか取れませんでした。それが足を引っ張り、大学も不合格・・・

私は国立大学(地方ですが)を目指していたので、センター八割を目標に、浪人生活をスタートさせました。結論から言うと、センター英語180点を取り、見事大学にも合格することができました。今日はセンター英語を一年で60点上げるのに私がしていた勉強について書いていきます。

今回は文法・語法について書いていきます。センター英語で高得点を取るにあたって、実は文法・語法は単語よりもウエイト自体は低いです。というのも、文法・語法自体を問う問題は大問2ですが、配点は約20点しかありません。しかし長文読解において文法・語法を使うことがもちろんあるのできちんと押さえるべきです。ただ先ほども述べたように、優先順位は単語のほうが高いです。単語については前の記事を参考にしてください。

文法・語法は主に二段階に分けて勉強します。一段階目は、代々木ゼミナールから出ている、『ポレポレ英語』をやります。ポレポレの構成は、5~6行の短文があるので、それをコピーしてノートに貼ります。貼ったら、何も見ずに訳してみます。もちろん全然訳せなくてもおkです。とにかく書くことが大事です。訳をかけたら答えを写します。そして解説をよく読み、大事だなと思ったところをノートにまとめていきます。(ポレポレをやるのは夏前が理想です)
ポレポレが一周終わったら、二段階目に突入です。二段階目は、桐原書店のNEXTSTAGEと、同じく桐原書店の全解説頻出英文法・語法問題1000という本を二冊用意します。前者は参考書として使います。後者は問題集として扱ってください。まずは後者の問題集をノートに解いていきます。単元ごとになっているので一単元が終わったら丸をつけてください。ほとんど記号なので時間はそんなにかからないとは思います。大事なのは丸をつけた後です。間違えたところをNEXTSTAGEで調べて、よく読みます。マーカーなどをひくといいかも。また間違えたところ以外もよく読みます。とりあえずこれを繰り返していって一周終わらせてください。
一周終わると、単元ごとの得意不得意がわかります。苦手な単元(例えば前置詞、動名詞)だけをピックアップして問題を解いていってください。これでセンター英語の文法・語法で困ることはほぼないです。

最初にポレポレをやる意義は生の文章の文法・語法に触れるという狙いがあります。これをすることによってそのあとの吸収率が大幅に変わると私は思います。

長くなりましたが参考にしてください。質問も待ってます。
次回は長文の勉強、読み方について書いていこうと思います。

Adios !