読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成人式

みなさん。こんにちは。
この間は成人の日でしたね。毎年恒例ですが「つくば市の成人式で乱闘騒ぎ、19歳少年を逮捕」というニュースがありましたね。


これについてはまあ、別に私はなんとも思わないっていうか・・・気にしてないですけど(迷惑になるのはNGですが)、成人式に騒ぎたくなる気持ちはわかります笑
実際にそうかどうかは別として、一応区分的に“成人”として認められる式なので、嬉しくなっちゃいますよね。また、疎遠になっていた小学校・中学校の同級生にも会えるし、新しい出会いもあるかもしれないし、一種のパレードみたいなものですね。


成人式って一体いつから始まったのか、どういう意味付だったのかについて、まあ、成人式の歴史について軽く触れたいと思います。


まず今の成人式ですが、はじまりは1946年だと言われています。戦争が終わって、まあ日本全体が暗いムードだったのでしょう。そんな中、若者を少しでも元気づけようと、茨城県が成人を励ます会を開いたのが成人式の始まりだと言われています。これが思ったよりも好評で、全国に広まったそうです。意外と歴史は浅いのですね!この時励まされた20歳の方々が高度経済成長を支えたと思うと胸が熱くなります。日本の底力ですね!


しかし成人を祝う文化は古くから日本にあったみたいです。それが元服と呼ばれるものなんだけど知っている人もいるんじゃないかな?大体16歳になると成人として認められていました。まあ、いまと寿命も違うし、いまの16歳とは比べられないですが、早いですよね。びっくりです。当時は儀式としておこなっていたので、今とは全然雰囲気も違う気がします。


私の成人式の思い出は、まあ、普通に朝起きて着替えて会場ついて友達とわあああみたいな感じでしたね笑 田舎も田舎なので、そんなやばそうな人もいなかったし、式は平凡に終わった気がします。で、式が終わるのが大体お昼くらいなので、お昼を食べて夜の同窓会までは暇だったような。。。夜の同窓会も、まあ懐かしい人と話せていい思い出になりました!
あと、仲がよかった人はもちろん、中学の時全然話したことなかった人とも話すことができたので最高でした。もう働いている人もいるし、結婚している人もいるし、自分と全く違う境遇の人の話を聞けるのは面白いし、ためになったのを覚えています。


地元の同級生とはこれからも仲良くやっていきたいですね。とりあえず、今後は心も成人になれるように頑張っていきたいですね笑

Adios!